第一回チキチキ大腸内視鏡検査と新洗浄剤モビプレップ!!!

健康診断の結果が返ってきた。結果は要精検。ぎゃーー。便潜血していたわけです。

不健康診断結果

というわけで、大腸内視鏡検査を受けなければいけなくなった。憂鬱。腸使いの憂鬱。

なぜ憂鬱か。インターネットや、検査を受けた先輩どもの情報によると、腸管洗浄剤を2リットルも飲まなければいけないと聞いたからだ。2リットルて。

病院に行って事前説明を受けてきた

「内視鏡検査にあたって、事前に渡すものがある」とのことで病院に行ってきた。すると薬やら検査食やら注意点をまとめたプリントやらいろいろ渡された。

注意点をまとめたプリント

検査前は、野菜とか果物とか、ヘルシーイメージのものは食べちゃいけないのね。逆に言えば、消化が悪いものこそヘルシーということか。素うどんとか白米を食べろと言われた。

前日に飲むマグコロールPやフォルセニッドはおだやかな下剤らしい。

経口腸管洗浄剤「モビプレップ」

検査当日にはモビプレップという薬を飲む必要がある。調べてみたところ、日本では今年2013年6月に発売開始された、新しい経口腸管洗浄剤のようだ。今まではマグコロール、ニフレックなどの薬を2リットル以上飲まなければいけなかった。モビプレップは、成分濃度を濃くすることによって飲む量を減らすことができるようだ。ただし、濃度が濃いぶん、別途水や無糖のお茶を飲む必要がある。腸内で薄めるわけですな。

なぜ、薄める際の水分に糖質が入っているとNGか。糖質によって細菌が繁殖し、ガスが発生するからとのこと。あと、モビプレップは溶けにくいらしいので、気温5℃以下の場合にはちょっとあたためた水で溶かしたりするとよいらしい。

モビプレップについては、ニコタマ大腸・肛門クリニックの「新しい腸管洗浄剤モビプレップの紹介」を読むとよい。味は梅ジュース系というか、駄菓子の「小梅」に近いものらしいですぞ。

伊藤園 PET冷梅 485ml×24本

伊藤園 PET冷梅 485ml×24本

なお、ビジクリア錠という、錠剤の経口腸管洗浄剤もある。しかし、あまり大腸がキレイにならないらしい。せっかく検査を受けるのであれば、なるべく腸をクリーンにして何かの見逃しがないようにして欲しい。よって、個人的にはビジクリア錠は避けたいところ。錠剤ですっきりクリーンにできる経口腸管洗浄剤の登場が待たれます。

検査食「クリアスルー」

検査食「クリアスルー」3食セットは保険外で購入だった。ジャネフは、キューピーの病院・施設用食品ブランド。検査数日前からずっとこういうのを食べていれば、当日の洗浄剤を飲む量は減らせるかもしれない。

ジャネフ クリアスルー3食セット(大腸内視鏡専用検査食) キューピー

ジャネフ クリアスルー3食セット(大腸内視鏡専用検査食) キューピー

内容量859g メーカー名キューピー JANコード4901577036934   (大腸内視鏡専用検査食) 日本人の主な死亡原因はがん(悪性新生物)が最も多く、中でも大腸がんの死亡者は肺がん、