ヘパリーゼ錠(プラスⅡ)とハイチオールCの代替品、ガルレバンGとピュアCホワイト

ウコン、またはその有効成分といわれているクルクミンに医学的な効果がないのでは、いや、そうは言い切れないのでは、という記事が2017年冒頭に流行っていました。

僕もお酒飲むときはしこたま飲むので、アルコールの分解に効く薬には興味があります。以前は、ヘパリーゼとハイチオールCを飲んでいました。

ヘパリーゼとハイチオールCの効果

ヘパリーゼ、牛の肝臓を加水分解したものが主成分なのですが、お酒に効果があるかどうかは謎で「レバーだから酒に効果あるだろ」的なイメージによっている気がします。イメージはプラセボに大事なので、夢をこわさずに飲んでいました。

ハイチオールCは、安心のL-システイン。肌も美白になるし、アルコールの分解速度を速めます。

さて、問題なのは、コイツらが「高い」ということです。というわけで、有効成分が似た別の薬のほうがいい。

代替物「ガルレバンG」「ピュアCホワイト」

ガルレバンGとピュアCホワイト

僕は、「ガルレバンG」と「ピュアCホワイト」を飲んでます。「ガルレバンG」が「ヘパリーゼ プラスⅡ」相当の錠剤、「ピュアCホワイト」が「ハイチオールC」相当の錠剤です。

【第3類医薬品】ガルレバンG 300錠

【第3類医薬品】ガルレバンG 300錠

【第3類医薬品】ピュアCホワイト 240錠

【第3類医薬品】ピュアCホワイト 240錠

一応Amazonのアフィリエイトリンク貼りましたが、ダイコクドラッグだったら在庫してると思うので、店頭で買いましょう。

成分はこんな感じ。ガルレバンに入っている「カンゾウ(甘草)」は、主成分である「肝臓加水分解物」の肝臓にかけてるんじゃないか、と思いきや、有効成分であるグリチルリチンが肝機能障害に有効とされているんですね。

ガルレバンG
1日量6錠中(1錠 420mg)
肝臓加水分解物: 600mg
カンゾウ乾燥エキス: 160mg (原生薬換算: 800mg)
ロクジョウ末: 12mg
リボフラビン(ビタミンB2): 12mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6): 6mg
添加物として セルロース・ヒドロキシプロピルセルロース・リン酸水素Ca・無水ケイ素・ステアリン酸Mg・ヒプロメロース・アラビアゴム・ゼラチン・白糖・マクロゴール・タルク・炭酸Ca・酸化チタン・カルメロースNa・カルナウバロウを含有します。
ピュアCホワイト
6錠(1日量)中
L-システイン: 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC): 1000mg
リボフラビン(ビタミンB2): 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6): 12mg
コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンE): 50mg
添加物として セルロース・カルメロースCa・トウモロコシデンプン・ケイ酸カルシウム・ステアリン酸Mg・ヒドロキシプロピルセルロース・ヒプロメロース・マクロゴール・タルク・酸化チタンを含有します。

まとめ

ガルレバンGとピュアCホワイトをよろしく。みんなが買ってくれれば、在庫し続けられて、僕が買い続けられます。