I-94電子化によって変わったこと

アメリカ入国に関して、さまざまなWebサイトを参考にさせていただきました。2013年5月からI-94というフォームが電子化されました。パスポートにホッチキスで留められてたアレ。電子化にあたって、いくつかのサイトの情報が陳腐化していました。というわけで、2013年11月現在でI-94電子化によって変わっていたことをメモしておきます。

ソーシャルセキュリティーカード申請までの時間が短くなっています

I-94の電子化によって、空港のイミグレーションから書類を送付するというアナログな運用がなくなりました。副作用として、ソーシャルセキュリティカードの発行までに待たなければならない時間が減っています。具体的には、I-94 Admission Number Retrievalのサイトで自らの情報が検索できれば、ソーシャルセキュリティーカードの申請ができます。10日程度待ちましょう、という情報は古いです。上記サイトで検索できたら、さっさと申請しちゃいましょう。

ソーシャルセキュリティーカードの申請のときには、上記のサイトの検索結果ページを印刷して持っていくとスムースに申請できます。

オフィス最寄りのソーシャルセキュリティーオフィス(SOMA)に行ったら、空港の搭乗口なみの入場検査を受けた。同僚に聞くと、サンフランシスコでは、だいたいチャイナタウンかMission地区のソーシャルセキュリティーオフィスに行く人が多いとのこと。チャイナタウンのオフィスは入場検査がゆるいとか。

DMVに免許の申請をするとき、I-94の検索結果を印刷していくとよいです

ソーシャルセキュリティー番号とパスポートがあれば大丈夫だよ!という情報がネット上にありますが、僕の場合はDMVにI-94の情報を求められました。電子化前であればパスポートにI-94の用紙が綴じられていたので、パスポートだけでOKだったのかもしれません。しかし、今となってはI-94の検索結果を印刷して持っていったほうがよいでしょう。

日本の運転免許証を持っている人は一緒に持っていって、申し込みフォーム提出時に一緒に提出することをお忘れ無く。1人で練習できるライセンスもらえます。車まわりはまた別のエントリを書く予定。 この制度は2015年に廃止されました。

SSN、パスポート、I-94、日本の運転免許証。コレ。

パスポートにI-94が綴じられてないよ、ヤバいよ!と電子化前に入国した人に言われてあわてない

俺はあわてた。親切に指摘いただいたおかげでこのエントリがあります。