Longman(5訂版)附属DVDから英語・米語のMP3を抽出する

前エントリ「P-Study SystemでアルクのSVL/SILの問題集を簡単に作成する」にて、英単語の学習を「P-Study System」を用いて行っていることを書きました。P-Study Systemの作者様にも当ブログを認知いただけたようです。ありがたいことです。

認知記念に(?)、ロングマン 現代英英辞典【5訂版】(通称: LDOCE5)から、英語・米語発音の音声を取り出し、P-Study Systemで使える(だろう)形式のMP3ファイルに変換するスクリプトを公開してみます。

ロングマン現代英英辞典 [5訂版] DVD-ROM付

ロングマン現代英英辞典 [5訂版] DVD-ROM付

あんまり出来はよくないですが、8割くらいは動いているっぽいので公開してみます。

解凍後、ディレクトリ内のLDOCE5toMP3.exeを実行してください。DVDのパス選択、英語・米語の選択、出力先のパス選択の3つを行います。音声ファイルの一覧を取得したあと、MP3ファイルを大量に吐き出します。

既知の問題点

  • 変換が始まると、変換終了までアプリケーションが無反応になります。変換終了とともに、自動的にプログラムも終了します。
  • 余計なMP3ファイルをたくさん作っていそうな気がします。あまり気にしないでください。
  • 米語のwon'tだけ変換に失敗しています。
  • P-Study Systemで読み込んでくれる音声ファイルのファイル名の規則性が分からないため、COBUILD用の変換スクリプトを参考に適当にファイル名を決めています。

修正やツッコミがあれば、よろしくお願いいたします。